社労士の社会的需要

社労士の社会的需要はどんな感じかご存知ですか?
というより、どんな仕事をしているかご存知なのでしょうか?

【社労士の仕事】
社労士の仕事は、社会保険労務士という名のとおり、社会保険や人事・労働関係、
年金関係などの手続き等を行う仕事です。
企業の中では、人事・総務関係のプロです。
独立した場合は、クライアント企業の人事・労務関係のオペレーションや相談業務を行います。

【クライアント企業のメリット】
社労士の仕事は、企業内で完結することもできます。
でも、わたしは多少の費用はかかっても、外注するメリットはあると思っています。
次のようなことです。

・労務、社会保険関係の複雑な手続き関係から逃れられる(社労士は早くて正確)。
・法改正のたびに頭を悩ませる必要がない。
・人事部や総務部の人員をカットできる。
・助成金などの申請業務が任せられる。
・人事戦略などのアドバイスが得られる。
・経営陣は、主となる業務に専念できる。

【社労士の社会的需要】
わたしの会社は、社労士に外注したり相談したりしていません。
なぜなら、わたしがいるからです。社内に社労士がいれば外注する必要がありません。
でも、普通の会社には、社内に社労士がいるのは稀だと思います。
ですから、外注せざるを得ません。

今までは、複雑ながらも、社内で完結させる企業が多かったように思います。
でも、時代は徐々に専門家としての社労士を活用する方向に向かいつつあります。
クライアント企業のメリットにも書きましたが、自分の主となる業務に専念するのが
効率的なのです。

また、社会的にみて、社労士の活躍が期待されています。
政界では、年金改革、社会保険制度改革などといって、これから変革していく様相です。
社労士試験で身につける法律だけとってみても、ずいぶんとたくさんあり、
それぞれの企業で手続き関係を行うのは難しくなってくるでしょう。
加えて、社労士の人数は現時点で不足しているといわれています。
ですから、社労士の社会的需要は高まる一方だと考えられます。