社労士の働き場 【就職】一般企業

社労士の働き場として、わたしのように、一般企業で働くケースも少なくありません。

【一般企業で働く社労士】
一般企業で働く社労士は、社労士の肩書きで働くのではなく、
人事・総務部で働くケースがほとんどです。
わたしも社労士の資格を持っていますが、一見すると会社のOLです。
でも、専門知識があるため、会社への貢献度が高くなり、高評価を得ることができます。

【求人】
一般企業で社労士を募集している求人を見かけることはほとんどありません。
通常は、人事スタッフ募集とか、総務部スタッフ募集とか、そんな感じです。
給料も一般のスタッフと変わらない提示になっています。

転職を考えている人の場合は、転職エージェントを利用するとよいと思います。
公開されていない求人を紹介されることもあるのでおススメです。登録は無料です。
こちらのスキルや経験、希望条件に合った会社を紹介されるので、
自分で交渉しなくてもうまくいく場合があります。アピールポイントとしてはかなり強いはずです。

【一般企業での給料】
お給料は、社労士の資格があっても、普通の会社員と同じように扱われます。
ただし、会社によっては資格手当てがつくところもあります。
会社の規模や需要によって違うと思いますが、
無資格の人よりは高いところを狙えるはずなので、希望に合う会社をよく探すべきです。
わたしの場合は、資格手当てなどはありませんが、
合格した翌年の給与査定で月4万円アップしました。年収にして64万円アップです。

一般企業では、資格自体が評価されるのではなく、会社への貢献度を見られるので、
資格や知識をどう活かせるか、自分なりに考える必要があると思います。

【一般企業で働くメリット】
一般企業で働くメリットは、収入が安定していることと、社労士業務以外の仕事もできることです。わたしは社労士をとってから、より人事・総務関係の仕事が増えましたが、
相変わらず他の仕事もこなしています。
でも、大きく変わったのは、経営会議に参加できるようになったことです。
もちろん常任ではありませんが、人事戦略に関するテーマの時に呼ばれます。
社内の一員として経営に参画できるのは、とても有意義なことです。
外部スタッフとしてかかわるのとは、まったく意味が違います。