社労士の働き場 【独立】開業

社労士の働き場として、最後に独立について書きたいと思います。

【どんな独立をするか?
独立・開業する場合は、自分のアイディアしだいで何でもできます。
社会保険労務士事務所として看板を上げることもできますし、
人事・労務業務のサポート会社の看板を上げることもできますし、
人事コンサルタントの看板を上げることもできます。
就職はできなくても、独立すれば何にでもなれるのです。

【独立後の給料】
独立後の給料は、人によってばらつきがあります。
年収の平均は650万円と言われていますが、2000万円クラス稼ぐ人がいる一方、
300万円も稼げない人もいます。
実態を調査したデータがあるわけではありませんが、二極化傾向にあるのかもしれません。

社労士として独立したとしても、人事業務アウトソーシングとして独立したとしても、
コンサルタントとして独立したとしても、特にどれがよいということではないと思います。
仕事があるかないかです。コンサルや相談業務だけでは厳しいでしょうから、
小口でも人事業務のサポートの案件が多いのではないでしょうか。

独立する前には、コネクションを整理したり、
営業方法(ホームページ開設などを含め)を検討したり、準備が必要になります。

【独立のメリット】
最初からうまくいくとは思えませんが、軌道に乗れば年収1000万円も夢ではありません。
自分がトップですから、経営センスがあればどんどん上に行くことができます。
また、在庫や初期投資が必要なビジネスではないので、
小資金で始められるというメリットもあります。自宅開業なら、ほとんどお金をかけずにできます。

独立・開業自体が夢だという人もいるのではないでしょうか。
会社員と違って、時間の縛りがゆるく、努力しただけの見返りがある!それ自体魅力です。

わたしも、ゆくゆくは独立を目指しています。
人事・労務の業務は10年の経験があるので、活かせればよいと思います。
今はまだ自信がありませんが、まずはコネクションを整理してみます!