社労士になるには?

これから社労士を目指す人のために、社労士の試験に関する情報も載せておきます。

【社労士になるには】
社労士になるには、皆さんが弁護士でなければ、社労士試験に合格する必要があります。
弁護士の方は、登録するだけで社労士になることができます。

ほとんどの人が社労士の試験に挑戦すると思いますが、その場合、
受験資格が設定されています。誰でも受けられる試験ではありません。
大卒、短大卒、高専卒の人は問題ありませんが、それ以外の人は少し複雑です。
実務経験か他の国家資格をもっているか、こまかい設定があるので確認しておきましょう。

http://www.sharosi-siken.or.jp/sikaku.htm

【社労士の試験について】
●試験日→8月第4か第5日曜日
●試験形態→選択式(午前)、択一式(午後)
●試験時間→10:30~16:40
●試験科目→労働基準法及び労働安全衛生法/労働者災害補償保険法/雇用保険法
/労働保険の保険料の徴収等に関する法律/労務管理その他の労働に関する一般常識
/社会保険に関する一般常識/健康保険法/厚生年金保険法/国民年金法

【社労士になるための勉強】
社労士になるための勉強は、1年前後(500時間以上)必要です。
わたしは、1年半くらいかけて勉強しました。おそらく1000時間くらいやったと思います。
半年で受かる人もいるようですが、余裕をもって始めるのがよいと思います。

他の国家資格と比較すると、中級程度と思っていればよいと思います。
簡単に受かることはできませんが、学力の高い人しか不可能という試験でもありません。
わたしは、私立大学の史学部卒で、特に勉強が得意なわけではありません。
でも、通信講座を利用して勉強し、一度で受かることができました。