社労士の勉強法と講座選び

社労士試験の勉強法と講座選びについて、わたしの体験談をご紹介しておきます。

【勉強法】
わたしは、通信講座(フォーサイトの社労士講座http://sharoushi-tsusin.com/)で
勉強しました。
通学しなければならないと考えていましたが、それは昔の話で、
最近は通信がトレンドのようでした。
大手の学校(通学)でも、通信教材を販売するなど、通信に移行しつつあるように感じました。
理由は、受講料が安いのと、通学の時間が節約できること、勉強時間が自由なことです。
これだけでも十分通信のメリットがあります。

【講座選び】
わたしがフォーサイトの通信講座に決めたのは、合格率が高かったからです。
全国が7.6%なのに対して、フォーサイトの合格率は10.8です
(2009年。わたしの年のは覚えていませんが高かった。)
通信講座がいくら安くて、時間が節約できて、自由に勉強できても、
合格できないと意味がありません。
それで、最初は他校もいくつか選択肢に入れていたのですが、
明確に合格率が明記されているフォーサイトを選びました。

もちろん、資料請求してサンプル教材をみて決めたので、
自分の目で確かめることも怠ってはいません。
他社の教材は見ていないのでわかりませんが、
フォーサイトの教材は特色があるように感じました。
テキストと問題集以外にも、受験をフォローしてくれる教材が盛りだくさんで。
http://sharoushi-tsusin.com/

【途中であきらめない勉強法・講座】
教材選びの専門家ではないので、あくまでも私見ですが、通信講座で勉強したこと、
フォーサイトを選んだこと、両方ともよかったと思います。
最初に教材の量を見たときは、勉強量の多さを想像して愕然としましたが、
始めてみるとどんどん消化していきました。

フォーサイトは、ガイダンスがしっかりしていて、社労士試験の全体像がすぐに頭に入ったし、
どの教材が何のためにあるのか、明確に示してくれました。
そのため、セットの内容が盛りだくさんでも、「順番にこなせばいいんだ!」と、
前向きに勉強に入っていくことができました。

なにより、途中であきらめずにできたのがすごいと思います。
実は、以前に簿記をとろうと思って独学をしていたのですが、わけもわからないし、
よい教材も見つけられないし、かといって学校に通う気はないしで、
なんとなくやめてしまったことがあります。
社労士の試験は、簿記の試験なんかよりも何倍も難しいのに、
あまり臆せずに淡々と勉強を進めていけました。
おそらく、フォーサイトの教材が、難しくても途中で投げ出さないような
工夫をしているのだと思います。