おわりに 社労士と仕事

社労士について、仕事、就職、転職、需要等々、“働く”ということをテーマに書いてきました。
皆さんのお役に立てたでしょうか?

社労士に限らず、現在の雇用状況はよくありません。
日本だけではなく、アメリカもヨーロッパもそうです。世界的に仕事がない!という状況です。
でも、それはあくまでも数字上の問題です。
わたしが大学生の頃は就職難と言われていましたが、
新卒で普通に就職することができましたし、社内でそれなりのポジションにつくこともできました。

わたしは、いつも下ばかり見ていないで、上を見るように心がけています。
仕事がない人がいる一方、大きいお金を稼ぐ人もたくさんいます。
仕事がない、稼げないという人こそ、今努力しなければなりません。

社労士の話に戻ると、社労士になったらお金持ちになるという保障はありませんし、
必ず就職活動がうまくいくとも言えません。
でも、何もしないよりも勝率は上がりますし、人に認めてもらえなくても、
自分の知識と経験が消えるわけではありません。
それに、他の資格を取ったり、留学したり、大学院に行ったり、いろいろな道があると思いますが、どれが正解かは結果論だし、正しいと思われている道を行っても成功できない人だっています。誰かが、「東大に行ったからといって仕事ができるわけではない」と言っていました。

景気が悪いので、仕事の事を考え出すと暗くなってしまいます。
それでも、あきらめずに、情報収集をして大成できるように頑張りましょう!!!
むしろ、今こそ仕事について真剣に考えたいとわたしは思っています。

社労士の資格を取って、わたしは仕事に対して前向きになりました。
それまでは、何でも屋の立場で自分の存在意義が見出せずに悩んだりもしましたが、
今は自信をもって仕事に打ち込んでいます。
皆さんも、何か自分の核となる武器を手に入れてください。
それが社労士の資格であってもよいと思います。